幸せがつづく小さな習慣

内観ヨガ研究家。
ヨガとアーユルヴェーダで気付いた『誰にでもできる幸せ脳のつくり方』をイラストとともにお伝えしていきます。
健やかで幸せな日々を送るお手伝いができたら幸いです。

2018年06月

背中をまるめると悲しい気持ちになりやすくネガティブなことを考えやすくなります。過去の記事→姿勢と心と運 実はそれだけではなくて姿勢は、背骨と深い関係があるんです。背骨のなかには内臓をつかさどる大切な神経がたくさん通っていて背骨がまあるくなると、背骨の中を ...

感謝と幸せは同時にやってくるもの。だから、どんなことにもどんなときにも感謝する。幸せになりたかったら感謝すること。「ありがとう」は魔法の言葉。ご縁のある方に見ていただけたらいいなと思い、ランキングに参加しています。ポチッと押して応援していただけると嬉しい ...

 今心惹かれることが未来のわたしを予言している。心惹かれることを大切にしてその惹かれてものに向かっていく。「〜でなければならない。」「無理だよー。」「危ないかもよー。」って語りかけてくる左脳の言葉。心配してくれるのはありがたいけどその言葉にまどわされない ...

小さな幸せは、どんなことのなかにもあるね。小さな幸せに気付いて、やわらかくハグをしよう。大きな幸せばかりを求めて小さな幸せを忘れたり、無視したり。いつかの話しも楽しいけれどいつかを語るよりも今この瞬間に存在する幸せに微笑みを向けたい。ご縁のある方に見てい ...

『心は一人ひとり違います。その意味では、人はいつも”ひとり”なのよ。』(ターシャ・トューダ さんの言葉)だれかに甘えすぎるのも違う気がするしだれかに甘えなすぎるのも違う気がする。だれかを助けすぎるのも違う気がするしだれかを助けなさすぎるのも違う気がする。花 ...

↑このページのトップヘ