幸せがつづく小さな習慣

内観ヨガ研究家。
ヨガとアーユルヴェーダで気付いた『誰にでもできる幸せ脳のつくり方』をイラストとともにお伝えしていきます。
健やかで幸せな日々を送るお手伝いができたら幸いです。

2018年10月

ひとつの扉が閉まっても別の扉が開く。 何か手放したものがあるとき 何か手放そうと決めたとき 自分のなかにいる不安とか恐れとか寂しさに気付く。 でも、変化していくのは自然の摂理。 目に見えるものは、たえず変化していくのだと思う。 夏に白い花の蜜を吸 ...

進んでいくのが、周りの人より遅い気がしてしまう。 あの人のペースと わたしのペースは 違って当たり前。 違う人生を歩んでいるのだもの。 そう頭で理解しようとしても 自分のなかに、なにか 焦りのようなものがいて 自分にもどかしさを感じるときもある。 ...

「あなたの夢は何か、あなたの目的とするものは何か、それさえしっかり持っているならば、必ずや道は開かれるだろう」(マハトマ・ガンジー)目的地に辿り着くための道のりはあまり細かく考えなくていいみたい。目的さえ、はっきりしていればそこに向かっていける。あやふや ...

いちばん良い答えは いつも自分のなかにあるもの。 今は答えが分からなくても大丈夫。 自分でちゃんと分かるときがくるから。 外に答えを求めるのも悪くない。悪くないのだ。 自分以外の人の意見を聞いてそして自分がどう感じるかを大切に。外に触れることで自分の ...

怒っているときは食べない。 それってとても大切なことなんだって。 イライラ! ムカムカ! そんなときに食べる食べ物は (はっきりと言ってしまうと) 体に良くないみたい。 怒っているときに食べた食事は 消化しにくい。 消化不良を起こすとのこと。 そして栄 ...

↑このページのトップヘ