食のおべんきょうちゅう。
食の情報もたくさんあるけれど
自分自身で調べて考えて体感して
信じるものを選択していきたい。
それが自分と大切な人と全てへの愛の選択になる気がして。
知らないことが幸せなのか、知ることが幸せなのか、わからないけど
わたしは知ったうえで選択をしたいな。

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●

 
『体調3〜5センチほどの鯉を2つの群れにわけて飼育してみたのです。
一方にはカルシウムを与え、他方には砂糖を与えたのです。
カルシウム群は順調に発育してなんの以上もなかったのですが、
砂糖群のほうは時間がたつにつれ、驚くべき変化を示したのです。
これらの魚は、発育がひどくゆるくなり、動きもにぶく、うろこやひれの色があせ、
うろこははがれはじめ、ひれもちぎれてしまい、目の角膜は白く濁り、ついには失明してしまったのです。
この群の一部の魚は、水底から一直線ものすごい速度で浮上し、そのまま空中に高く飛び上がり、
そしてまっすぐ落下して底にまで達するという奇妙な運動を繰り返し
まもなく例外なく死んでしまったのです。
水産関係者は、この現象が、養殖中の魚類にもしばしばみられると報告し
「魚類の精神病発作」とよんでいるそうです。』




『砂糖は心も体も狂わせる』という本に書いてあったもの。
これを読んだとき、白砂糖が人間になんの作用も及ぼさないとは
とうてい考えられなかった。



精神的な病と言われるものがこの世界にはあるようで
(「病」と使うことに抵抗があるのですが・・・)
砂糖のとりすぎが原因の1つであると考えられている。


「この世から白砂糖をなくせば精神病は全てなくなる。」
イギリスのジョン・ワトキンスという博士の言葉。


きっと1つの問題っていろんなものが影響しているから
「白砂糖」だけを悪者にするのは違うのだけど
この子(白砂糖)も1つの影響を与える要因だと知っておくのは
なんだかとても大切なことのように感じる。


白砂糖を食べ続けると「低血糖」になってしまう。
それは体のなかでジェットコースターみたいなことが起こっているから。


砂糖をいただいてすぐに血糖値は急激に上がる。(ぐわーん↑) 
そして上がりすぎた血糖値をがんばって下げようとインスリンというホルモンが
たーくさん分泌されて血糖値は急激にさがる。(ぐわーん↓)
血糖値を下げる働きのあるホルモンはインスリンさんしかいなくて
しかもインスリンは膵臓でしか分泌されない。
白砂糖たべすぎると、膵臓はいそがしい、いそがしい。
いつも猛スピードで働いてる。



なんだか、白砂糖は怖いな〜というより、身体の神秘に感動する。
すごいね。人ってすごいね。
この神秘的な働きをしてくれている身体を大切にしないとね。
当たり前のように自然とバランスをとろうとしてくれているけど
自分自身が不自然なことをし続けたなら、身体はついてこれなくなっちゃうよ。



インスリンによって血糖値は急激に下がって、下がって、下がりすぎてしまう。
それで人は「低血糖」になるの。



低血糖になるとどうなるのかな。
そんなことも気になってしまいました。
明日のブログで。
(ながくなっちゃうから*)


おすすめの本
『砂糖は心も体も狂わせる』高尾利数白砂糖

LINEで更新情報が受けとれます。
たくさんのご縁に感謝します。



ご縁のある方に見ていただけたらいいなと思い、ランキングに参加しています。
ポチッと押して応援していただけると嬉しいです(^^)
よろしくお願いします。


ナチュラルライフランキング

遠隔気功研究所でスタッフをしています。
遠隔ヒーリングを専門とする遠隔気功研究所では
遠隔気功を通して夢を叶えて幸せな人生を送る
お手伝いをさせていただいています。

遠隔気功研究所については下記をご覧ください。

HP→「遠隔気功研究所」



 
気功とヨガを組み合わせた気功ヨガをしています。
気功ヨガの詳細はプロフィールをご覧ください。
気功ヨガへのお問い合わせ→kikoyoga@icloud.com