「白髪を探して〜。抜いてほしいの〜。」とわたしの前にコロンと寝転がる友人。わたしは友人の白髪さがしを一生懸命していた。まるで猿の毛づくろい。ふふ14歳ほど年上の友人。素敵に年を重ねるその友人は、わたしの憧れ。だってその友人は、年を重ねることに喜びを感じてい ...